ブック ライナー。 トーハン

ブックライナー[ざっしの定期便] サービスの概要

⚐ 9月 - 出版社向けシステム「TONETS i」を稼動• (昭和25年)11月 - 本社新社屋(九段)の落成。

10
(昭和30年)1月 - 業界に先駆けコンピュータ化を図り、日本IBM社のPCS(パンチカードシステム)を導入。 1月 - 株式会社ジャパン・メディア・サービス(現 トーハン・メディア・ウェイブ)を設立。

[B!] ブックライナー

💕 株式会社メディア・パル - 出版社• 11月 - 「本の探検隊」を大幅にバージョンアップさせたオンライン書店、全国書店ネットワーク「e-hon」オープン。 台灣東販股份有限公司 - 中国語出版物の編集、出版• 1月 - 書店向けシステム「TONETS V」を稼動• 要因としては、ハード的に販売拠点が減少しているという点、ソフト的には読者嗜好の多様化、特集や付録の強弱による毎号の売上の不安定化、などの要素が考えられます。

8
8月 - 株式会社綜合教育センターを設立。

株式会社ブックライナーの会社情報|法人番号:8011101030258|埼玉県桶川市上日出谷1202

👈 、を導入し現社名となった。 4月 - 医療従事者向け電子書籍販売サイト「Medical e-hon」オープン。 出版流通改革を目指す「桶川計画」を発表、にはに世界最大級の書籍物流施設、「トーハン桶川SCMセンター」を開設した。

(昭和33年)1月 - 東販自動車株式会社を設立。

トーハン

😄 フランスで毎年行われているのオフィシャルパートナーであり、日本企業の出展窓口を務め、また会場の設営・管理に当たっている。 9月 - 創立60周年。 CLIP」1号店オープン。

6
(平成16年)7月 - 株式会社金文図書出版販売新社(現 株式会社きんぶん図書)を設立。 (平成24年)• (元年)• 11月 - 株式会社ジャパン・エイ・ヴイ・レンタルシステムに株式会社ゲオが出資し、株式会社ティー・アンド・ジーに社名を変更。

ブックライナー[ざっしの定期便] サービスの概要

😎これは、環境悪化をむしろ好機と捉え、取りこぼしていたかもしれないニーズを積極的に獲得していくための仕組みを書店様に提供し、新たな市場の創造をも促す画期的なシステムです。

5
10月 - 東販商事株式会社と株式会社ジャパン・メディア・サービスが合併して、商号を株式会社トーハン・メディア・ウェイブへ変更• 協和出版販売株式会社 持分法適用関連会社 [ ]• 株式会社 - 書店 非連結子会社 [ ]• 3月 - 東販リーシング株式会社を設立。 株式会社• 株式会社トーハン・インターメディア - 文具雑貨の小売事業、カフェ事業• 概要 [ ] (24年)、株式会社を前身に 東京出版販売として創業。

トーハン

😩 株式会社 - 書店• (平成28年)2月 - 文具・雑貨の大型売場「nota nova」1号店オープン。

18
- 2017年に週刊新潮に報道を盗用された。