岡田 充。 岡田 充

【共同通信岡田充論文】台湾「反日」イメージの流布試みる親中派の執念―「NHK叩き」批判の元共同通信台北支局長を批判する(下)

🖖 兄は所属の。 香港基本法第23条 香港特別行政区は国に対する謀反、国家を分裂させる行為、反乱を扇動する行為、中央人民政府の転覆、国家機密窃取のいかなる行為も禁止し、外国の政治組織・団体が香港特別行政区内で政治活動を行うことを禁止し、香港特別行政区の政治組織・団体が外国の政治組織・団体と関係を持つことを禁止する法律を自ら制定しなければならない。 米国を超える大国になろうとする中国に必要なのはまずこれだ。

12
うなずくわけにはいかない。

【共同通信岡田充論文】台湾「反日」イメージの流布試みる親中派の執念―「NHK叩き」批判の元共同通信台北支局長を批判する(下)

🤔 憎悪が満ちた衝突が繰り返される香港とは別世界である。 特に「行政区長官の任命制度・仕組みの整備」に触れたのは、「普通選挙による行政長官選びの実現」の否定を意味するのではとの見方が香港では広がっている。

8
青臭い文学青年的な呻吟ではあるまいし、「喪失感」などない。 台湾人からみれば、岡田氏は自己責任を放棄して恥じない現代日本人の典型である。

[海峡両岸論] 中国の一党独裁とは何なのか 危機感あらわにした4中総会<岡田充>

⚓ 岡田氏は李登輝氏など日本語世代に多く見られる元日本国民としての日本への愛情が理解できなのか、理解できないふりをしているのか。 台湾人もまた日本の殖民地支配を許せないのだ。 新しい国家目標を設定する上で手っ取り早いのは、戦前の日本のアジア侵略と植民地政策を正当化し、それを基礎に疑似ナショナリズムを構築することである。

15
「一党独裁」はもともと、マレクス・レーニン主義に基づく「プロレタリアート独裁」や「人民民主独裁」に源がある。

岡田充について

👣 「連邦国家論」が提起されて久しいが、台湾統一という建国目標が実現する前には空論に等しい。

中国政府は11月4日、台湾企業が次世代通信規格「5G」の研究開発やネットワーク整備など、先端技術分野に参画を認め、テーマパークや航空業への投資も可能にする「26項目の優遇措置」を発表した。 「合理的秩序の確立」が目的 習指導部の下で、「国家の統治システムと統治能力の近代化」が初提起されたのは、6年前の第18期3中総会だった。

【共同通信岡田充論文】台湾「反日」イメージの流布試みる親中派の執念―「NHK叩き」批判の元共同通信台北支局長を批判する(下)

😋 欧米メディアは「統治システムと能力の近代化」を「工業、農業、国防、科学技術」の「4つの近代化」に続く「第5の近代化」や「政治の近代化」と位置付けた。 香港基本法は、行政長官選びについて「選挙または協議で選出され、中央人民政府から任命を受ける」(第45条)注2と規定しており、選挙ではなく協議で選ぶことも可能。 少なくとも統治システムは、簡単に輸出できない代物であり、基本的には各国の内政問題である。

6
個人向けには、大陸での住宅購入で便宜を与えるほか、進学条件も緩和。

岡田充

♻ ここにも「親日」が登場するが、読者に誤解を与えかねない表現である。 武力で政権を打倒したイラクはもちろん、アフガニスタン、リビアなど、カラー革命に洗われたすべての国で「民主化」に失敗した事実を見れば、「民主」とは普遍的理念ではなく、一つのイデオロギーだったことが分かる。 「平均化できない帝国」 「豊かになり安定した中国社会」と「言論の自由がなく抑圧に苦しむ『ディストピア社会』」。

香港政府は10月5日、「緊急状況規則条例」を発動し、デモ参加者が顔をマスクで覆うのを禁じる「覆面禁止法」を導入した。 国務省は2018年6月、先端的技術を専攻する中国人大学院生の査証(ビザ)の有効期限を5年から1年に短縮すると決定。

岡田充

😈 その点を日本李登輝友の会が抗議すると、NHKの番組プロデューサーはこう説明した。 どの国の政府も執政党も必ず過ちを冒す。

16
『中国と台湾ー対立と共存の両岸関係』2003年2月• その上で「香港特別行政区とマカオ特別行政区を管理する(中国)憲法と基本法を厳格に順守し、国家主権、安全保障、発展利益を守り、香港とマカオの長期的な繁栄と安定を守る」とし、「一国二制度のレッドラインに挑戦する行為と国家を分裂するいかなる行動は絶対に容認しない」という強い姿勢を示した。

岡田充について

🤜 それは今後アジアの中で生きて行く日本が分かち合わなければならない現実。 台湾人として「親日か反日か」は重要ではない、重要なのは、NHKの特番の内容が事実かどうかである。 その意味では天安門事件以来のジレンマに直面しているとも言える。

13
どうしても「JAPANデビュー」を擁護したいのなら、「歴史捏造あり」との批判に、具体的に反論してみたらいいのだ。 こんなことを語る岡田氏。