イミュータブル インフラ ストラクチャ。 DockerでIT部門を悩ます本番環境の更新を一切放棄する

イミューダブル・インフラストラクチャー

😄 従来の固定的な個別最適化されたシステムの場合、導入当初は安定的に稼働していたものであっても、パッチの適用や機能追加を施すと、そのシステムは、大量のパッチが適用された状態になってしまいます。 目標はワークフローの解決であり、技術ではない HashiCorpの手法は、根底にある技術よりも、ワークフロー(業務上の流れ)をどうやって解決するかにおかれています。 開発系システムにてアプリケーションを配備後、負荷分散装置における通信の向きを切り替える• IPアドレスではなくエンドユーザー個人のアイデンティティに基いてアプリケーションへのアクセスを制御する。

2
これを最初に思いついたのは私たちではなく、まだ学ぶことは多い。 また、開発者やIT部門の要求に応じてサーバー環境を迅速に配備するためには、先述の自動化も必須になります。

技術用語を比喩から学ぼう !

✆ システムがどんどん扱いにくくなっていき、手作業でしかデプロイできなくなるとか。 このような事態に対応するために、「台帳」でIT資産の更新履歴、用途、バージョン、責任者、作業内容、日付などを管理するのですが、ハードウェアやソフトウェアが増え続けていくと、実際の状態と台帳の内容が合致しなくなることもあり、その都度個別の確認が必要となってしまいます。 「あとでChefの方に反映しておくよ」とそのときは言うけれど、炎上したシステムの対処に疲れて一眠りしたあとでは、そんなことは忘れてしまうだろう。

17
このような事態を避けるために、環境設定を変更する場合は、古い設定のITインフラを捨てて、新しい設定のITインフラを再構築する。 基本編(50ページ) 変更はありません 開発と運用編(64ページ) 【更新】これからのシステム開発のチャートを改訂し、解説を追加しました p. この連載では、ツールに対する知識だけでなく、実際に手を動かしながら理解を深めていければと思っています。

ミュータブルな型とイミュータブルな型の相違を知ろう

✋ 新バージョンでサーバを構築し、古いのは投げ捨ててしまうのだ。 問題がないと本番と判断できた時点で、 負荷分散装置やルーターを開発環境に切り替えることで、開発環境が本番環境に入れ替えます。 運用チームは、そのたびにアプリケーションが正常に稼働することを確認しなくてはならず、もし更新後に問題が発生すれば、非常に手間のかかる「問題の切り分け」作業をしなくてはなりません。

16
初期化スクリプトがもはや、思いも付かないような例外的な操作をしなければ動かなくなっているとか。

イミュータブル インフラ ストラクチャ

🤫 このようなシステムは、構成を少しでも変化させると、業務に多大な影響が出ることが考えられるため、ビジネスの変化が多少あるといっても、ITシステム自体を大きく変化させることはほとんどありません。

6
私たちはバックエンドインフラをより高速でスケーラブルで、顧客の信頼のおけるものにすべく、しかも私たちが開発するアプリケーションを前進させるために、より柔軟なものにするべく迅速な反復作業をしなければならないが、それを自信を持って行えるようになった。

コード化でDevOpsを支えるHashiCorpのツールと開発背景

🌭 それに対してArrayオブジェクトやObjectオブジェクト、Dateオブジェクトなどはミュータブルなオブジェクトです。 個々のツールは、APIを通じて他のツールと通信できるように、独立したものとして扱われます。 この開発環境で、ハードウェアからアプリケーションに至るまですべての整合性確認など十分な稼働テストを行い。

12
このような考え方が生まれる背景には、クラウドコンピューティングといった「ITシステムをサービス化する」という時代の流れももちろんありますが、それだけではなく、ITシステムが支える企業のビジネス(顧客ニーズ)がグローバル化とともに多様化し、その変化が激しくなっていることがあげられます。

ミュータブルな型とイミュータブルな型の相違を知ろう

💙 次の例を見てみましょう。

本番環境は不変のままで、開発環境に対しては次々と新しいOS、ミドルウェア、アプリケーションの更新が適用される。 今、注目の技術がその時期にあるかを示したものです。