ジェット スター コロナ 影響。 ジェットスター・ジャパン、関西-マニラ期間運休 新型コロナ影響、グループ便に振り替え

ジェットスター、2月は85%減便 幹線6路線のみ運航

👋 片岡社長によると同社は「日本で初めて乗客のマスク着用を義務化」した航空会社とのこと。 通常、対象のエコノミークラス「Starter」の航空券をウェブサイトから予約すると、変更手数料がかかりますが、このキャンペーンでは、新規予約1件につき1回、変更手数料無料でフライト日時の変更ができます。

18
(スクショし忘れたので、正確な文章ではありません) メール連絡が一向に来ない 払い戻し申請をしたのが、3月26日。 お申込み期限:2020年3月31日まで ご搭乗分:2020年5月31日までに出発するフライト 対象運航便:ジェットスター航空の国内線および国際線、ジェットスター・アジア航空のダーウィン=シンガポール線 ただいま、コンタクセンターに大変多くのお電話を頂戴しているため、払い戻しについては 「予約の変更/確認」 のページから行っていただけますよう宜しくお願いいたします。

ジェットスター パイロットなど約600人に希望退職など提示

👆 追加となるのは成田発着の12路線(札幌、関西、高松、松山、高知、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、那覇)と、中部発着の2路線(福岡、那覇)の計14路線。 ジェットスターはそんな甘っちょろい相手じゃありません。

16
新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、旅行はキャンセルすることに。

ジェットスター、新型コロナ対策や搭乗者への協力をまとめたサイトを開設

⚒ 2021年10月30日まで運休予定 【参照リンク】 JAL(日本航空) 【2月10日更新】 成田・メルボルン線の運休• カウンターではすぐにクレカでの支払いを無かったことにする処理をやってくれました。 ジェットスター・ジャパンは、2020年6月期決算を発表した。

2
違う便に変更はできますが、いつ新型コロナが終息するかわからない現状では、フライト変更も非現実的ですしね。

航空5社のGW予約状況 新型コロナの影響で需要が大幅ダウン

☢ 本日4月1日。 一番右がジェットスター・ジャパンの片岡 優代表取締役社長(2020年7月3日、乗りものニュース編集部撮影)。

5
もう直接乗り込むしか手はないと思いました。

ジェットスター・ジャパン、赤字転落 2020年6月期決算

😭 空港の検疫体制強化としては検温を実施し、消毒液の設置や客室の消毒、機内の空気換気などについて紹介されています。

4
現在も新型コロナウイルスの影響で運休しているが、搭乗率が目標を大きく下回る状況が以前から続いており、期間を定めずに運休する。

ジェットスター・ジャパン、2月は国内6路線のみ 減便率85.5%に(Aviation Wire)

😆 2月の地方路線はすべて運休し、成田と高松、松山、高知、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島を結ぶ路線の運航を取りやめる。 97%以上捕集可能なHEPAフィルターでろ過した循環空気を組み合わせて用いることで、高い清浄性を維持しているとしています。 片岡社長は記者に対し、同社の路線の9割を占める国内線は「思ったより影響は少なかった」といいます。

保有機数も順調に増え、現在はA320型機を25機保有しています。 バウチャーでの払い戻しが可能なのは、「Starter Max」以上の運賃タイプに限られています。

【新型コロナ】オーストラリア直行便を運航する航空会社の減便・運休情報【2月10日更新】

☮ 7月現在も特に国際線は全便運休が続いている状況です。 【中村宰和】. 2021年1月31日まで運休予定• 金額は〇〇〇円となり、14日以内から1か月以内に元の支払いに直接返金されます。 同社は3月28日から始まる夏ダイヤで、関西-下地島線など7路線を運休。

2
一番右がジェットスター・ジャパンの片岡 優代表取締役社長(2020年7月3日、乗りものニュース編集部撮影)。 新型コロナウイルスの影響を乗り切るため、ジェットスター・ジャパンでは需要の大幅な落ち込みに鑑み、安全運航を最優先しながらコスト削減と運航の最適化にいち早く動きました。

ジェットスター、新型コロナ対策や搭乗者への協力をまとめたサイトを開設

🤔 追加後は1808便を減便し、減便率は前回発表の65. ジェットスター・ジャパンは今年に入り、2、3月の搭乗率次第で大型連休以降の休止があり得るとの意向を高知県に通知。 なお片岡社長によると、スタッフ間の感染対策にも気を配っており、実施中のテレワークについては「今後も続けていければ」とコメントしているほか、シフト勤務のスタッフは班分けし、お互いが接触しないようにすることで「万が一感染者が出てしまっても、そこから広がらないように」対策を講じているとのことです。 なおスタッフが見送った成田発新千歳行きのGK109便は、ほぼ満席だそうで、同社の国内線需要が戻りつつあることがうかがえます。

LCCでもジェットスターは5月6日まで国内24路線のうち事実上、成田発着の幹線4路線のみ運航を継続。

購入済み航空券の特別対応について

😅 営業損失は66億7,500万円、経常損失は77億2,200万円、当期純損失は77億5,700万円でした。

15
またフライトスケジュールの変更通知か、と思ったのですが…、 ジェットスターからのフライトスケジュール変更メール …ん? 「全額払い戻し(ご希望の際はこちらをクリックしてください。 しかし新型コロナウイルスの影響による需要減退が航空業界を襲います。